FPp(Fresh & Processed)

(残留農薬検査のマシス)

 

 


 

残留農薬検査パッケージの組合せが自由でコストパフォーマンスが高い

 

食品中の残留農薬検査は、項目毎に前処理方法、測定方法など数種類のパターンを処理して分析を行わなければならず、かなり、複雑な分析となり、コストが高くなります。試験品の前処理・測定方法をある程度一本化し、コストパフォーマンスを高めたものがFPpシリーズです。※試験品が茶葉の場合は、前処理が溶媒抽出(日本以外はこの方法)になります。期間は、5〜10日間になります。※期間は、営業日での日数です。

 

パッケージ名 リスト 項目数 期間・価格 適用
追加項目 - 1

¥5,500~

パッケージに追加する価格

FP-G217 pdf 217

5日間

¥27,500

分析方法:(GC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):10g 

FP-G247 pdf 247

5日間

¥33,000

分析方法:(GC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):10g 

FP-G277 pdf 277

5日間

¥38,500

分析方法:(GC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):10g 

FP-G301 pdf 301

5日間

¥44,000

分析方法:(GC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):10g 

FP-GLp407

(FP-G277+FP-Lp130)

pdf

pdf

407

7日間

¥70,000

分析方法:

(GC-MS/MS ,HPLC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):20g

FP-GLp501

(FP-G301+FP-Lp200

pdf

pdf

501

8日間

¥90,000

分析方法:

(GC-MS/MS ,HPLC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):20g

FP-GL535

pdf

535

10日間

¥137,500

分析方法:

(GC-MS/MS ,HPLC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):20g 

FP-Lp130 pdf 130

5日間

¥33,000

分析方法:(HPLC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):10g 

FP-Lp150 pdf 150

5日間

¥38,500

分析方法:(HPLC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):10g 

FP-Lp170 pdf 170

5日間

¥44,000

分析方法:(HPLC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):10g 

FP-Lp200 pdf 200

5日間

¥49,500

分析方法:(HPLC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):10g 

FP-Ln24 pdf 24

5日間

¥33,000

分析方法:(HPLC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):10g 

FP-Ln29 pdf 29

5日間

¥38,500

分析方法:(HPLC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):10g 

FP-Ln34 pdf 34

5日間

¥44,000

分析方法:(HPLC-MS/MS)一斉分析

試験品必要量(生鮮):厚生労働省規定量

試験品必要量(加工食品):10g 

 


 

農薬パッケージ検査一覧

OP (食品限定残留農薬検査)

生鮮食品とJGAPに特化した農薬をコストパフォーマンス優先で選択したパッケージです。マシスだけのオリジナルサービス。

EFM (輸出食品残留農薬モニタリング検査)

日本の輸出食品に対して相手国の検疫所が行う残留農薬のモニタリング検査を抜粋してパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。※国限定

IFM&IFM-light (輸入食品残留農薬モニタリング検査)

輸入食品に対して検疫所が行う残留農薬のモニタリング検査と100%同じ項目をパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

FOODS (生鮮食品毎の残留農薬検査)

国内生鮮食品毎に残留農薬の基準値が設定されています。その設定されている農薬だけを生鮮食品毎にパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

FPp (残留農薬検査)

コストパフォーマンスが最も高いパッケージです。各種食品に対応しています。(生鮮・健康食品・加工食品)マシスだけのオリジナルサービス。

FPv (残留動物用医薬品検査)

コストパフォーマンスが最も高いパッケージです。各種食品に対応しています(生鮮・健康食品・加工食品)マシスだけのオリジナルサービス。

B (残留農薬検査)

残留農薬の基準値を定量限界に設定したコストパフォーマンスが高いパッケージです。生鮮食品に対応しています。マシスだけのオリジナルサービス。

VD&VD-light (残留動物用医薬品モニタリング検査)

輸入食品に対して検疫所が行う動物医薬品のモニタリング検査と100%同じ項目をパッケージ化しています。マシスオリジナルアービス。

CW&MW (飲料水・ミネラルウォーターの残留農薬検査)

CWは、水質管理目標設定全項目をパッケージ化しています。MWは、ミネラルウォーターの残留農薬基準が設定されている全項目をパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

PetFood (ペットフードの残留農薬検査他)

愛がん動物飼料の成分規格で定められている全19項目をパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

Feed (飼料の残留農薬検査)

農林水産省の飼料基準、管理基準で飼料毎に定められている項目を各飼料毎にパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

Soil (土壌の残留農薬検査)

土壌に残留性の高い農薬を選定して、パッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

 

MASIS Top  Sitemap

2021 Copyright MASIS All Right Reserved.