株式会社マシス 食品医薬品安全評価分析センター

   


 

Amino acid(アミノ酸の検査)

(アミノ酸成分分析のマシス)

 

 


 

Amino acid

 

アミノ酸(アミノさん、英: amino acid)とは、広義には(特に化学の分野では)、アミノ基とカルボキシ基の両方の官能基を持つ有機化合物の総称である。一方、狭義には(特に生化学の分野やその他より一般的な場合には)、生体のタンパク質の構成ユニットとなる「α-アミノ酸」を指す。分子生物学など、生体分子をあつかう生命科学分野においては、遺伝暗号表に含まれるプロリン(イミノ酸に分類される)を、便宜上アミノ酸に含めることが多い。
天然には約500種類ほどのアミノ酸が見つかっている[3]が、宇宙由来のものとしても1969年に見つかったマーチソン隕石からグリシン、アラニン、グルタミン酸、β-アラニンが確認されている[3]。全アミノ酸のうち22種がタンパク質の構成要素であり、真核生物では21種から、ヒトでは20種から構成される。動物が体内で合成できないアミノ酸を、その種にとっての必須アミノ酸と呼び、動物種によって異なるが、ヒトでは9種類のアミノ酸は食事により摂取しなければならない。
必須でないアミノ酸(可欠アミノ酸)も、摂取バランスによっては代謝異常や欠乏を起こすことがある。非天然のアミノ酸はキラルビルディングブロック(光学活性化合物から有用な生化合物を合成する手法)、複雑な分子の構造解析、分子スキャフォー ルド(細胞培養における基質のことで「足場」の意味)、さらには人工タンパク質の合成などにも利用されている。
必須アミノ酸とタンパク質が密接に関わっているため、便宜的に(必須)アミノ酸を三大栄養素のタンパク質の代わりとすることもある。


側鎖による分類
分岐鎖アミノ酸、芳香族アミノ酸、含硫アミノ酸

代謝物による分類
糖原性アミノ酸、ケト原性アミノ酸

アミノ基の位置による分類
α-アミノ酸 例:アラニン
β-アミノ酸 例:β-アラニン
γ-アミノ酸 例:γ-アミノ酪酸
δ-アミノ酸 例:δ-アミノ吉草酸

光学異性による分類
D-アミノ酸、L-アミノ酸

栄養学上の分類
必須アミノ酸
ヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン、バリン
条件付き必須アミノ酸
体内の代謝だけでは必要量を十分には賄えないことがあるアミノ酸。
アルギニン、システイン、グルタミン、グリシン、プロリン、チロシン
非必須アミノ酸
アラニン、アスパラギン酸、アスパラギン、グルタミン酸、セリン

タンパク質を構成するアミノ酸(タンパクしつをこうせいするアミノさん、英: Proteinogenic amino acid)は、タンパク質中に見られるα-アミノ酸であり、二級アミンであるプロリン(かつてはイミノ酸とも呼ばれた)を除き全て一級アミノ酸である。有機体はタンパク質を合成するために遺伝情報中にその細胞機構がコードされていることが必要である。タンパク質を構成するアミノ酸は通常22種であるが、真核生物では21種しか見られない。22種のうち20種は直接コドンに暗号化されている。ヒトはその20種のうち、11種を他のアミノ酸または中間代謝物から合成することができる。それ以外の9種は食事によって摂取しなければならず、それらは必須アミノ酸と呼ばれている。必須アミノ酸はヒスチジン、イソロイシン、ロイシン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン、そしてバリンである。残りの2種はセレノシステインとピロリシンで、これらは特殊な合成機構でタンパク質に組み込まれる。

 


分析項目検索▶

 


 

残留農薬検査パッケージ一覧表

 

IFM&IFM-light(残留農薬モニタリング検査)

輸入食品に対して検疫所が行う残留農薬のモニタリング検査と100%同じ項目をパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス

FOODS(生鮮食品毎の残留農薬検査)

国内生鮮食品毎に残留農薬の基準値が設定されています。その設定されている農薬だけを生鮮食品毎にパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

FP(残留農薬検査)

コストパフォーマンスが最も高いパッケージです。各種食品に対応しています(生鮮・健康食品・加工食品)マシスだけのオリジナルサービス。

B(残留農薬検査)

残留農薬の基準値を定量限界に設定したコストパフォーマンスが高いパッケージです。生鮮食品に対応しています。マシスだけのオリジナルサービス。

VD&VD-light(残留動物医薬品モニタリング検査)

輸入食品に対して検疫所が行う動物医薬品のモニタリング検査と100%同じ項目をパッケージ化しています。マシスオリジナルアービス。

CW&MW(飲料水・ミラルウォーターの残留農薬検査)

CWは、水質管理目標設定全項目をパッケージ化しています。MWは、ミネラルウォーターの残留農薬基準が設定されている全項目をパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

PetFood(ペットフードの残留農薬検査他)

愛がん動物飼料の成分規格で定められている全19項目をパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

Feed(飼料の残留農薬検査)

農林水産省の飼料基準、管理基準で飼料毎に定められている項目を各飼料毎にパッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

Soil(土壌の残留農薬検査)

土壌に残留性の高い農薬を選定して、パッケージ化しています。マシスだけのオリジナルサービス。

 


 

◀検査ラインアップ▶

農薬検査▶検査パッケージ一覧 ・モニタリング(IFM)・生鮮食品別(FOODS)・ハイコストパフォーマンス(FP)基準値定量限界(B)

動物医薬品検査▶モニタリング(VD)

土壌・河川水▶土壌・汚泥・河川水(Soil 農薬検査)

飲料水・ペットフード・飼料▶飲料水・ミネラルウォーター(CW/MW)・ペットフード(Pet FOOD)・飼料(Feed)

----------

栄養成分・他▶基礎栄養成分・食品添加・食物繊維・脂質・金属・イオンアミノ酸・ビタミン・核酸・有機酸・脂肪酸・アルコール・色素・細菌

機能性成分・他▶ポリフェノール・呈味・香料・香気・糖(単糖・多糖)

薬物・生薬▶ドーピング(食品)・生薬・分子標的(抗がん剤)・高血圧・糖尿・肥満・その他の薬・薬の代謝物

毒・有害物質▶毒素(Toxin)・ステロイド・ホルモン・界面活性剤(洗剤)・有害物質・残留溶媒

----------

環境関連▶環境(土壌・汚泥・河川水)・肥料・容器・包装・玩具・放射能

各種分析機器測定▶分析機器測定・分析法の開発(ISO/GMP対応)

 


 

◀見積依頼・分析検査依頼書のダウンロード▶

Web見積り依頼▶見積依頼(全て)

分析検査依頼書▶食品の残留農薬・動物用医薬品・機能性成分など・人間以外の動物・爬虫類・魚類など

放射能検査依頼書▶放射能スクリーニング検査(NaI検出器)・放射能精密検査(Ge検出器)

ISO/IEC 17025:2017検査依頼書▶茶葉のポリフェノール・農薬

 


 

◀ご依頼方法▶

ご依頼までのフロー▶初めての方へ・ご依頼方法と流れ・業務契約

◀ご案内▶

ご案内▶ニュース・採用情報・会社概要・社屋の概要・会社沿革・プレリリース・共同研究・社会貢献・アクセス・ご利用条件・プライバシーポリシー

 


 

◀FQA▶

FQA▶Q&A・ポジティブリスト制

FQA▶分析結果証明書・検体(試験品)の必要量・報告方法と分析期間とキャンセル・証明書の読み方・分析方法・データの取扱・フローチャート(残留農薬)

FQA▶分析に関する知識・分析用語・ワンポイントアドバイス・精度管理・国際認定(IS0/IEC 17025:2017)・情報リンク

 


 

◀登録証明書と所属学会他▶

認証及び登録▶ISO/IEC 17025:2017認定試験所(認定番号:74760)・計量証明事業(青森県第73号濃度)・日本GAP協会推奨機関(残留農薬)・向精薬試験研究施設設置者登録(青森県第15号)

所属学会/協会▶日本分析化学会・日本食品衛生学会・日本血液学会・日本健康・栄養食品協会・日本GAP協会

 


 

◀項目検索・お問合せ▶

項目検索▶分析項目・食品の分類・食品の違反事例

Webお問合せ▶全般業務提携・会社見学・代理店申込・分析法・開発など)

Mailお問合せ▶info(at)masis.jp

電話お問合せ▶0172-29-1777

 

◀Top マシス▶

 


 

Sitemap-Mobile

 

2021 Copyright MASIS All Right Reserved.